復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
春いちばん出荷式レポート

早採りワカメのブランド化で復興を目指す (1/3)

天の恵みに感謝し驕ることを戒める半島

 岩手県宮古市の中でもっとも東部に位置し、本州最東端となる魹ヶ崎(とどがさき)を抱える重茂(おもえ)半島。リアス式海岸の地形が続く半島は太平洋に突き出るように伸び、三陸海岸の半島の中でも最大面積を誇っている。

omoe1.jpg

重茂半島にはリアス式海岸特有の入り組んだ地形が続く(写真提供/重茂漁業協同組合)

 半島の前に広がる海では、寒流の親潮と暖流の黒潮が交わるため、様々な種類の魚介類が豊富に獲れる。2千人に満たない人口の9割が漁業に従事する重茂半島では、人々は海の恵みを存分に活用してきた。その結果、養殖ワカメ、天然アワビ、焼きウニ、天然ワカメの4品目ともに、日本屈指の生産量を誇るまでになった。

 しかし、東日本大震災の大津波は、重茂の人々の営みを一変させる。
 亡くなった人の数は50人に上り、800隻以上あった漁船は16隻を残してすべて海に飲み込まれた。それでも重茂の人々は、もう一度海と向き合い、震災前以上に漁業の半島を盛り上げようと懸命に努力している。
 その背景にあるのが、「天恵戒驕(てんけいかいきょう)」という教えだ。
 重茂漁業協同組合(以下、重茂漁協)の初代組合長を務めた西舘善平氏が、「天の恵みに感謝し、驕ることを戒め不慮に備えよ」という漁協の精神を組合員に伝えるために、この言葉を記した。天然資源は有限なのだから、無計画な採取をして枯渇させるのではなく、自然との共存共栄の道を探るべきというのが、西舘初代組合長の思いだった。

omoe2.jpg

重茂漁協の建物前には、西舘初代組合長の胸像が立つ(写真提供/重茂漁業協同組合)

 その思いを受けて、重茂の人々は、美しい海を未来に残そうと様々な取り組みを続けてきた。漁港や海岸の清掃活動もそのひとつ。また、海産物の大切な栄養源となるミネラルを含んだ水を育んでくれる森を守るために、広葉樹の植林活動も行っている。
 そして1976年から続いているのが、合成洗剤の追放運動だ。きっかけは、重茂漁協の婦人部のメンバーたちが、生活協同組合のひとつである生活クラブのメンバーと交流する中で、毎日使っている合成洗剤が海を汚し、悪影響を与えていることに気づいたためだった。そこで「売らない・買わない・使わない」の追放運動を開始。1980年には合成洗剤の不使用を呼びかける看板も設置した。商店には合成洗剤の代わりに石けんを置くようお願いして回った。こうした取り組みが奏功し、重茂の石けん使用率は今も高い割合を継続しているという。

omoe3.jpg

重茂半島に掲げられている、合成洗剤の不使用を呼びかける看板(写真提供/重茂漁業協同組合)


 重茂半島に甚大な被害をもたらした海。その海と向き合い、海を守り、海から恵みを頂く。それはきっと、これからも母なる自然である海と共存共栄して行こうという、重茂の人々の決意の表れであるに違いない。

ページの先頭に戻る