復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
野田村贈呈式レポート

野田村贈呈式レポート 水産品のブランド化で村の復興と発展を担う (3/3)


野田村ならではの商品を生み出すために


 事業方針の発表が終了すると、「復興応援 キリン絆プロジェクト」水産業支援の贈呈式の時間となった。

 はじめに、キリンビールマーケティング株式会社岩手支社長の吉田健一から、主催者挨拶が行われた。

 「今回のブランディングプロジェクトが、キリン絆プロジェクトの支援対象に選ばれたこと、誠におめでとうございます。野田村漁業協同組合をはじめとする4者が一致団結して、ホタテやカキの高品質化やブランド化、付加価値向上、販路拡大などに挑戦する今回の取り組みは、キリン絆プロジェクトの趣旨とも合致しています。プロジェクトチームの皆さんには、野田村の魅力が一般には知られていないという課題に、全力で取り組まれることを期待しています。キリングループとしても、今回のプロジェクトを通じて、岩手や東北の元気に貢献していきたいと思います」


08野田村贈呈式.jpg


野田村が抱える課題への取り組みに期待を寄せる吉田・岩手支社長

 また、日本財団の海洋グループでチームリーダーを務める、荻上健太郎からも主催者挨拶が行われた。日本財団はキリングループが拠出した寄付金で基金を創設し、支援金の助成を行うことで被災地の水産業支援をサポートしている。
 「日本財団は創設以来、海に関わる活動を続けてきました。活動の中で常に大切にしているのが、つながりです。海と人、人と人、人と地域、地域と地域など、様々なつながりを大切にしてきました。野田村は岩手県で唯一、ホタテの成貝(大人の貝)だけでなく中成貝(6~9cmの若い貝)も出荷し、また、他の生産地に向けて稚貝も出荷するなど、他の地域のホタテ養殖をサポートしています。こうした地域と地域をつなぐ取り組みが行われていることを、大変嬉しく思います。今回のプロジェクトを通じて、野田村の復興を担うとともに、岩手県や三陸地方、そして全国の食卓ひとつひとつと、つながっていくことを願っています」

09野田村贈呈式.jpg

主催者挨拶を行う荻上・チームリーダー

 続いて、キリン株式会社CSV推進部キリン絆プロジェクトの伊藤一徳・専任部長より、贈呈内容の説明が行われた。今回、「のだ印の水産物ブランディングプロジェクトチーム」に助成される2千5百万円の支援金は、野田村のホタテやカキなど、質の高い水産資源の周知と付加価値向上によるブランディング、新たな販路拡大などに活用される。
 贈呈内容の説明が終わると、キリンビールマーケティング株式会社の吉田・岩手支社長と日本財団の荻上・チームリーダーから、「のだ印の水産物ブランディングプロジェクトチーム」の小野代表に目録が贈呈された。

10野田村贈呈式.jpg

目録の授受を行った、荻上・チームリーダー(左)、小野代表(中)、吉田・岩手支社長(右)

 目録を受け取った小野代表は、支援金に対する感謝を述べるとともに、プロジェクトが野田村の復興の一助となり、村の発展の推進役となれるよう、大切に支援金を使っていくことを約束してくれた。
 贈呈式の最後には、岩手県・県北広域振興局水産部の高橋禎部長より、激励のメッセージも贈られた。
 「岩手県では今年を本格復興の推進年とし、新たな産業や価値を作り出す年に位置付けています。野田村の皆さんによる今回のプロジェクトは、県の方向性とも合致した取り組みだと言えるでしょう。商品のブランド化というのは、いいものを安定して作り続け、たくさんの消費者に購入していただくという、大変な取り組みです。岩手県としても、技術指導や担い手育成など、できる限りの協力をしたいと思います。これから様々な課題に直面すると思いますが、プロジェクトチームの総合力を生かして、ひとつひとつ乗り越えていかれることを期待しています」

11野田村贈呈式.jpg

激励のメッセージを贈る高橋部長

 そして贈呈式が終了すると、試食会の時間となった。
 試食会場には、生育1年目・2年目・3年目のホタテと、シングルシード法により養殖されたカキが並んだ。ホタテは1年目が蒸した状態で、2年目と3年目は生のままで提供された。素材が本来持つおいしさを味わってほしいという思いから、味付けは一切されていない。参加者たちは、ホタテやカキを受け取ると、歯ごたえや磯の香り、そして素材に凝縮された海の味覚などを存分に味わっていた。

12野田村贈呈式.jpg  13野田村贈呈式.jpg

試食会で提供されたホタテやカキ(左)と試食を楽しむ参加者たち(右)

 試食会のあとには、船に乗ってホタテの養殖場の見学も行った。入り江(内湾)のない野田村では、養殖は基本的に外海で行われる。港から養殖場までは、約3.5キロメートル。船で15分くらいを要する。

14野田村贈呈式.jpg

船に乗り込み養殖場の見学に向かう

 養殖場に着くと、船長がホタテの入ったカゴを海から引き揚げてくれた。ホタテの成長サイズに合わせ、カゴは三角や丸型のものがある。野田村の沖合いでは、現在、養殖施設(ロープからカゴやネットを吊るす養殖用の仕掛け)600台が海中に設置されている。それでも震災前に比べると、数は少ないという。

15野田村贈呈式.jpg  16野田村贈呈式.jpg

海から引き揚げられる丸型のカゴ(左)とカゴの中で育つホタテ(右)

 人口5千人に満たない野田村。大量生産には不向きなこの小さな村で、人々は震災に立ち向かい、新たな商品やブランド作りにチャレンジしようと、たゆまぬ努力を続けている。これからどんな商品が生まれるのか。野田村ならではの新商品が次々に生まれ、世の中に広まっていくことを期待したい。

注1)春から夏にかけて、東北地方の太平洋側で吹く、冷たく湿った東よりの風のこと。この風が吹くと、沿岸部を中心に気温が下がり、霧が発生しやすくなる。
(注2)従来のカキ養殖では、カキの幼生(赤ちゃん)を1枚のホタテ貝の殻に数十個(20~30個程度)付着させ、海に沈めて成長させる。これに対し、シングルシード法では、ホタテ貝の殻の代わりにカキの殻を細かく砕いて粒にしたものを使用。粒はサイズが小さいので、ひとつの粒にカキの幼生ひとつしか付着しない(シングルシード=ひとつの種)。また、カキ自体を固定せずにネットやカゴに入れて育てる。そのため、幼生が密集するホタテ貝の殻に比べて、栄養が十分に行き渡り、カキの育ちがよくなると言われている。

取材協力/有限会社パワーボール、写真撮影/和田剛

ページの先頭に戻る