復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
洋野町贈呈式レポート

洋野町贈呈式レポート 北三陸を世界ブランドにする試み (2/3)

命がけでとったものを命がけで売る

贈呈式に先立ち、「北三陸 世界ブランドプロジェクト実行委員会」による事業方針の発表が行われた。  会場となった「ひろの水産会館」には、実行委員会のメンバーや来賓が参席したのに加え、岩手日報、水産新聞、岩手めんこいテレビなどメディア各社も取材に訪れた。

06kita.jpg

会場には多くの参加者が出席

07kita.jpg

入口には復興を願う大漁旗も飾られた

 はじめに、洋野町の水上信宏町長から挨拶が行われた。
 「キリングループや日本財団による震災復興へのご協力に、心より感謝申し上げます。震災から3年が経ちましたが、これまで洋野町は様々なご支援を頂きながら、復興のために努力を続けてきました。岩手県の本格復興推進年となる今年は、町民の皆さんが安心して暮らせる町づくりに、一層努力をしていきたいと思います。今回のプロジェクトは洋野町の様々な企業が共同で取り組むもので、復興に弾みがつくと確信しています。メンバーの皆さんの今後の活躍を心から期待しています」

08kita.jpg

プロジェクトは町の復興への弾みになると語る水上町長

 続いて、「北三陸 世界ブランドプロジェクト実行委員会」で委員長を務める下苧坪さんから、事業方針の説明が行われた。
 北三陸地域を誇りに感じている下苧坪さんは、とりわけ北三陸の生産者に深い敬意を抱いている。なぜなら、魚も肉も米も、生産者がいなければ人は食事をできないからだという。「北三陸 世界ブランドプロジェクト」は、そんな北三陸の生産者がもっと元気に輝いてもらうためのプロジェクトでもある。

09kita.jpg

事業方針の説明を行う下苧坪さん

 また、洋野町は北三陸の外洋に面しているため、海産物の養殖には向いていない。ここではウニもホヤもワカメも天然ものを収穫し、出荷している。今回のプロジェクトでは、「天然もの」であることにもっと目を向けて、ブランディングを推進していく予定だ。
 そして商品開発やブランディングにおけるキーワードは、「海×山×空気」だという。  海としては洋野町で生産される海産物に加え、岩手県野田村産の「のだ塩」を使用。岩手県産の燻製チップや果汁、香辛料など、山の素材も活用しながら商品開発を行う。さらに、商品パッケージやブランドイメージには、地元の風・温度・湿度などの「空気感」も盛り込んでいく。
 第1弾の商品開発として、アワビやホタテ、ワカメの茎を使った燻製商品を予定している。その後、東京など都市部でテストマーケティングを実施。結果をふまえて商品の改良を重ねたあと、本格的に商品の製造と販売を開始する。並行して、第2弾の商品開発にも取り組む。最終的には4年後に、洋野町で新たに30人の雇用を生み出すことが目標だ。
 「新しいブランドを作るためには、何年もの時間をかけて、生産者をはじめとした関係者が連携して取り組む必要があります。命がけでとったものを、命がけで売っていかなければなりません。また今回のプロジェクトは、復興のためだけでなく、新しい価値を作るためにもあると思います。プロジェクトの成功には、一人ひとりの思いが重要です。北三陸の人たちが一体となって、この地域を日本そして世界に売り込んでいきたいと思います」  下苧坪さんの熱気に満ちた事業方針の発表に対し、会場からは大きな拍手が沸き起こった。

ページの先頭に戻る