復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
宮城県漁協贈呈式レポート

宮城県漁協贈呈式レポート 殻付きカキで新境地を拓く (2/3)


多彩な手法で宮城県産カキの魅力を発信

 贈呈式に先立ち、宮城県漁協による事業方針の発表が行われた。会場となった宮城県漁協の本所には、各地域の漁協の職員やカキ生産者のほか、宮城県農林水産部の次長、農林中央金庫の仙台支店長をはじめ、多数の来賓が参席。NHK、東日本放送、日経新聞、朝日新聞、河北新報など、メディア各社も取材に詰め掛けた。

02media.jpg

贈呈式にはメディア各社も取材に訪れた

03kaki.jpg

会場には3地域のカキも展示されていた

 事業方針発表ではまず、宮城県漁協で代表理事理事長を務める小野喜夫さんから主催者挨拶が行われた。
 「宮城県のカキ養殖は震災により、生産量が大幅に減り販路も縮小するなど、壊滅的な打撃を受けました。キリン絆プロジェクトには第1ステージとして、カキを保管するのに必要な冷蔵施設や養殖に必要なカキ樽など、ハードの支援をして頂きました。そして今回、第2ステージとして殻付きカキのブランド化へのご支援を頂いたわけです。これから殻付きカキを先行して生産している3地域を中心に、ブランド展開しながら販路を拡大していく予定です。それぞれの地域の特徴をPRしながら、知名度アップにつなげたいと考えています。そしてカキ養殖業者の生産意欲が向上し、次世代の担い手やリーダーの育成につながるような、プロジェクトにできるよう頑張って参ります」

04onorijicyo.jpg

プロジェクト実施に対する意気込みを語る小野・理事長

 また、宮城県農林水産部の長田穣(ゆたか)・技監兼次長からも挨拶が行われた。
 「本日の贈呈式、誠におめでとうございます。宮城県では震災前から、農林水産業全体に対してキリングループより多大な支援を頂いてきました。そして震災後にも、非常に大きな力となるご支援を頂いていることに感謝を申し上げます。宮城県のカキは日本でもトップブランドのカキです。海外のカキにも負けない美味しさがあります。今回のご支援を頂けたことで、カキ養殖業者の皆さんももう一度、前を向いて歩いていけることでしょう。宮城県としても、これからも歩みを止めずに皆さんを支援していきたいと思います」

05osadajicyo.jpg

県による支援を表明してくれた長田・技監兼次長

 続いて、宮城県漁協の阿部誠・経済事業担当理事から、事業方針の説明が行われた。
 今回のプロジェクトでは、「殻付きカキ」の出荷体制が整っている、「唐桑」「長面浦」「鳴瀬」の3地域のカキをブランド化することから始める。「唐桑」のカキは3年という時間と養殖場所を移動させるなど手間暇をかけるのが特徴で、大粒でふっくらした乳白色のカキとなり、甘みがあるのが特徴。「長面浦」のカキは周囲の森の恵みも活用し、1年で食べごろのカキに育つ。味は雑味が少なく甘みが強い。1級河川が流れ込む「鳴瀬」では、カキの殻の大きさは他の地域に比べ小さいものの、身は殻と同じくらい大きくふっくらしていて、濃厚な甘みを持っている。
 今後は、それぞれの地域のカキの特徴を打ち出しつつ、首都圏のカキ小屋においてPR事業を行ったり、オイスターバーに出荷するなどして販路を拡大。3地域のブランド化を成功させたあと、宮城県内の他地域のカキ養殖業者にも、ブランド化を展開していく予定だという。
 また、「殻付きカキ」の価値を最大化するため、独立行政法人と共同でインターネット上にカキ取引市場も構築した。「おらほのカキ市場」(「おらほ」は東北の方言で「私たち」という意味を持つ)と名付けられたサイトでは、市場を介さずに、仲買人や飲食店、流通業者などが直接、宮城県のカキを注文することができる。すでに東京の仲買人との間で実証実験も行われており、市場を通したよりも高値で宮城県のカキが取引されたという結果も出ている(おらほのカキ市場URL:http://www.miyagi-oyster.jp/)。
 今後は店舗やインターネットを通じて、単に宮城県のカキの素晴らしさをPRするだけでなく、おいしいカキの食べ方や料理レシピなどについても、積極的に情報発信をしていく予定だ。

ページの先頭に戻る