復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
伝統的な食文化を復活させる試み

「鯉に恋する郡山プロジェクト」贈呈式レポート (2/3)


着目したのは鯉の「機能性」

 贈呈式に先立ち、「鯉に恋する郡山プロジェクト」の事業方針発表が開催された。 会場となった郡山市役所には、福島テレビや福島中央テレビ、福島民報社、FMふくしまなどメディア各社も取材に訪れた。

05メディア各社.jpg

贈呈式にはメディア各社も多数取材に訪れた

06のぼり.jpg

会場には郡山市の鯉をPRするのぼりも飾られていた

 はじめに、品川萬里・郡山市長から主催者挨拶が行われた。
 「このたびは郡山市の鯉をご支援くださり、誠に有難うございます。鯉は古来より薬魚と言われ、たんなる食用以上の価値があります。しかしながら、鯉が持つ本当の価値が認識されていない、多くの方に味わってもらえていないというのが現状です。そんな中、鯉を新しい食文化として、また、新しい産業の支えとして発展させるべく、キリン絆プロジェクトからご支援を頂けたことを嬉しく思います。今回のご支援に応えられるよう、郡山市としても『鯉食』のさらなる発展に力を入れていきます」

07品川・市長.jpg

「鯉食」にかける郡山市の意気込みを語る品川・市長

 続いて、来賓を代表して郡山市議会の今村剛司・議長から挨拶が行われた。
 「今回のプロジェクトは、郡山市の鯉の魅力を全国に向けて発信するものです。関係者が一丸となり、商品開発、販路拡大、鯉の食文化の定着、地域ブランドの確立を目指しています。郡山市は本来、猪苗代湖のきれいな水を使った、日本でも有数の鯉の産地です。原発事故による風評被害は根深く、生産量もまだ回復していませんが、今回のプロジェクトを通じて、鯉に恋する人が全国に広がることを願っています」

08今村・議長.jpg

鯉に恋する人が全国に広がることを願う今村・議長

 来賓挨拶が終わると、事業方針発表の時間となった。まずは生産者を代表して、鯉養殖組合の熊田純幸・代表理事組合長から挨拶が行われた。
 「原発事故がもたらした放射性物質の影響により、震災から4年以上が経過しても風評が残る中、今回のプロジェクトは多くの皆様からのご支援を頂いて実施するものです。郡山市の鯉養殖の関係者が一体となり、郷土料理の復活と新たな食文化の定着に励みたいと思います」

09熊田・代表理事組合長.jpg

郷土料理の復活と新たな食文化の定着に向けた意気込みを語る熊田・代表理事組合長

 続いて箭内・課長補佐より事業方針の説明が行われた。
 箭内・課長補佐からは、2012年6月以降、郡山市の鯉からほとんど放射性物質が検出されていないにもかかわらず、風評被害により鯉食文化の継承が困難な状況にあること。その状況を打破するために、「薬用としてもすぐれた食品」である鯉の機能性に着目したこと。そして機能性からヒントを得た新たな商品の開発、販路の開拓、生産の拡大という一連の流れを通じて、最終的に地域ブランドを確立していくというビジョンが示された。

10事業方針の説明.jpg

事業方針の説明はパワーポイントを使って行われた

 また、生産者を代表して鯉養殖組合の廣瀬さんからも説明が行われた。
 今回のプロジェクトの柱は、商品開発と販路拡大の2本。商品開発ではプロの料理人にも加わってもらい、思いつきではなく閃きを誘う、一貫性ある取り組みを行っていく。すでに薬効性の高い鯉をサプリメントにできないかという案も浮上している。販路開拓では、中小企業診断士の資格を持つアドバイザーを迎え、地産地消を基本に地元への定着を目指すとともに、郡山市内だけでなく、福島県内、さらには、県外や首都圏までエリアを広げ、百貨店やスーパー、食堂、居酒屋、アンテナショップ、道の駅、温泉地などに営業を展開していく予定だという。

ページの先頭に戻る