復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
伝統的な食文化を復活させる試み

「鯉に恋する郡山プロジェクト」贈呈式レポート (3/3)


地域の人々に愛される鯉を目指して

 事業方針の発表が終了すると、「復興応援 キリン絆プロジェクト 水産業支援」の贈呈式の時間となった。
 はじめに、キリンビールマーケティング株式会社の福島支社長を務める、椎屋直孝から主催者挨拶が行われた。
 「キリンビールマーケティング福島支社は郡山市に拠点を置いて活動しており、今回のプロジェクトには深いご縁を感じています。福島県は農業や漁業が盛んですが、震災により大きな痛手を受け、キリン絆プロジェクトとしても支援を続けてきました。今回のプロジェクトは福島県での水産業支援としては2件目の事業になります。栄養価が高く、スタミナ料理として重宝される鯉をご支援させて頂くことで、福島の元気づくりのお手伝いができればと思います。これからの皆さんのご活躍を大いに期待しています」

11椎屋・福島支社長.jpg

プロジェクトメンバーの今後の活躍に期待を寄せる椎屋・福島支社長

 また、日本財団の海洋グループで上席チームリーダーを務める、荻上健太郎からも贈呈者挨拶が行われた。日本財団はキリングループが拠出した寄付金で基金を創設し、支援金の助成を行うことで被災地の水産業支援をサポートしている。
 「キリン絆プロジェクトの助成対象に選ばれたこと、誠におめでとうございます。当初、水産業には海のイメージがあるので、鯉の事業とはどのような活動か興味がありました。お話を聞いてみると、鯉のブランドを作りたいという生産者の皆さんの強い思いと、『鯉係』を作るという郡山市の決意を感じました。また、未来につなげる担い手育成にも取り組みたいという、素晴らしいお話でもありました。結果的に、キリン絆プロジェクトの趣旨にも合致するということで、ご支援をさせて頂くことになった次第です。郡山市の鯉が地域の人々に愛される、地域ブランドになることを願っています」

12荻上・上席チームリーダー.jpg

郡山市の鯉が地域の人々に愛される地域ブランドになることを願う荻上・上席チームリーダー

 続いて、キリン株式会社CSV推進部絆づくり推進室の野田哲也・室長より、贈呈内容の説明が行われた。今回、郡山市と鯉養殖組合に助成される1000万円の支援金は、鯉の機能性成分分析調査、新たな商品開発、ブランド開発、販路拡大、販売促進、担い手育成研修などに活用される。
 贈呈内容の説明が終わると、キリンビールマーケティング株式会社の椎屋・福島支社長と日本財団の荻上・上席チームリーダーから、品川・郡山市長と熊田・代表理事組合長に目録が贈呈された。

13目録の授受.jpg

目録の授受を行った、
(左から)椎屋・福島支社長、熊田・代表理事組合長、品川・郡山市長、荻上・上席チームリーダー

 「鯉養殖組合では、組合員一人ひとりの努力により、他の地域に負けない鯉を生産してきました。しかし原発事故の影響により、震災から4年以上が過ぎた今でも風評被害は深刻です。組合員にも将来を見通せない不安があります。今回、ご支援を頂戴することができ、組合員の生産意欲も向上することでしょう。原発事故のあとは、市内の学校に給食として鯉を提供することもできなくなりましたが、食育にもつながるこの事業を何としても復活させたいと思います。また、地産地消を合言葉に、地元の人々に鯉を食べる意義も伝えていくつもりですので、今後ともよろしくお願いします」
 受贈者の代表挨拶に立った鯉養殖組合の富澤洸・副組合長理事は、郡山市の鯉を地域の人たちが食べる意義について熱く語ってくれた。

14富澤・副組合長理事.jpg

郡山市の鯉を地域の人たちが食べる意義について語る富澤・副組合長理事

 最後に、福島大学環境放射能研究所の難波謙二・所長から、激励の言葉が贈られた。
 「郡山市では市内の風景に、鯉の養殖池が溶け込んでいます。住宅地の中にも養殖池があり、その敷地は公園としても整備され、地域住民の憩いの場になっています。こうした環境が実現できるのも、郡山市に良質な水が豊富にあるからです。養殖池があるので、市民は水質を悪くすべきではないと考えています。鯉の養殖は郡山市民の環境意識の高さにも一役買っているのです。キリン絆プロジェクトの支援を受けたのを機に、原発事故の影響が吹き飛ぶくらいの商品開発や消費拡大、そしてブランド化につながっていくことを期待しています」

15難波・所長.jpg

激励の言葉を贈る難波・所長

 贈呈式が終了すると、試食会の時間となった。試食会場には「鯉の燻製」と「鯉の甘露煮」が登場した。
 約3年をかけて配合を研究したというスモークチップで燻した「鯉の燻製」は、身がやわらかく香りも豊か。小骨も気にすることなく食べることができる。「鯉の甘露煮」は、骨まで食べられるように圧力鍋を使用して煮込まれるが、こちらも身はやわらかで、鯉本来の味もしっかり残している。

16鯉の燻製と甘露煮.jpg

食べやすいように取り分けられた「鯉の燻製」(小さい皿)と「鯉の甘露煮」

17商品見本(左).jpg 18鯉養殖の写真(右).jpg

試食会場には商品見本(左)と鯉養殖の写真も飾られていた

 試食会に参加した人たちは鯉養殖組合の皆さんから、「燻製は若い鯉のほうがおいしい」「川魚で煮魚にできるのは鯉だけ」「骨まで食べられるので骨粗鬆症対策にもなる」など、鯉料理にまつわる話を聞きながら、それぞれの料理を味わっていた。

19試食.jpg

試食をした人たちからは、「お酒のつまみに合いそう」という声も上がっていた

 郡山市の箭内・課長補佐と鯉養殖組合の廣瀬さんによれば、「鯉に恋する郡山プロジェクト」は当面、栄養価や薬効など「鯉の実力」を発見することに注力。その結果をもとに、機能性を前面に打ち出した商品開発を行い、販路開拓や生産拡大へと発展させ、地域ブランドとして確立することで、「鯉食」という郷土料理の復活を目指していくという。
 プロジェクトの期間は2023年まで。その長い事業期間の背後には、時間をかけてでも鯉のブランド化を着実に進めていこうという関係者の覚悟が見える。キリン絆プロジェクトの支援を受け、新たな一歩を踏み出した「鯉に恋する郡山プロジェクト」がどのように発展していくのか、期待を込めて見守りたい。

20郡山市の鯉を復活.jpg

郡山市の鯉を復活させるために、一丸となって頑張ります!

写真提供/県南鯉養殖漁業協同組合
取材協力/有限会社パワーボール、写真撮影/和田剛

ページの先頭に戻る