復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
6次化商品で水産業の未来を拓く

相馬双葉漁業協同組合 贈呈式レポート (2/3)

伝統的な発想と独創的な発想を融合させた商品作り

 贈呈式に先立ち、「浜の漁師飯 浜のかあちゃん飯推進プロジェクト」の事業方針発表が開催された。
 会場となった相馬双葉漁協・松川浦地区事務所には、読売新聞や朝日新聞、共同通信、福島テレビなどメディア各社も取材に訪れた。

02相馬双葉漁業協同組合メディア各社.jpg

贈呈式にはメディア各社も多数取材に訪れた

03大漁旗.jpg

会場には相馬双葉地方の漁業復興を願う大漁旗も飾られていた

 はじめに、相馬双葉漁協の狩野一美・副組合長から主催者挨拶が行われた。
 「震災から5年が過ぎ、相馬双葉地方の漁業は徐々に復旧してきていますが、いまだ試験操業の状態にあり、本格的な漁業再開には至っていません。そんな厳しい状況の中、『キリン絆プロジェクト』によるご支援を頂けたこと、心より御礼申し上げます。今回のプロジェクトでは、相馬双葉漁協の若手漁業者や女性部員たちが、6次化商品を開発します。伝統的な発想と独創的な発想を融合させることで、想像を超えた商品を作り、日本全国に発信してくれることでしょう。プロジェクトを通じて、震災前の賑わいを地域に取り戻し、観光客にも戻って来てもらえるよう、関係者が一丸となって頑張りたいと思います」

04狩野・副組合長.jpg

伝統的な発想と独創的な発想を融合させることが、想像を超えた商品作りにつながると話す狩野・副組合長

 続いて、来賓を代表して相馬氏の佐藤憲男・副市長から挨拶が行われた。
 「相馬双葉地方の漁業では、風評被害を払拭するための放射能対策が長く続いています。そうした状況の中、地元の魚介類を使って6次化商品を作る試みには、市としても期待しているところです。新商品を作るのは簡単なことではないですが、青壮年部と女性部の皆さんが、意気込みを見せて完成させてほしいと思います。でき上がった商品が全国で販売されれば、地域の励みにもなるでしょう。今回のプロジェクトがスタートしたことで、ひとつの目標ができたと思います。目標達成のために力を合わせて頑張ってください」

05佐藤・副市長.jpg

完成した商品が全国で販売されれば、地域の励みにもなると語る佐藤・副市長

 来賓挨拶が終わると、「6次化推進協議会」で副会長を務める菊地基文さんから、事業方針の説明が行われた。
 今回のプロジェクトでは、相馬双葉地方の魚介類の多様性と高品質な旨味を活かした、「浜の漁師飯・かあちゃん飯」を商品化していく。素材に使われるのは、一般の消費者にあまり知られていない魚や規格外の魚が中心。「美味しさ」「珍しさ」「手軽さ」の3つをポイントにし、他の産地とは一味違ったものを中心に商品開発を行う。また、魚介類だけでなく、野菜や調味料など地域の食材を多く活用することで、地元の人々が相馬双葉地方の良さを再認識し、誇りを取り戻すきっかけとなる商品作りを目指す。そして商品を販売する際には、震災の影響で漁ができず、途方に暮れるしかなかった若手漁師や浜の女性たちの地元の魚介類に対する愛と誇りを感じてもらえるよう、商品ひとつひとつに明確なストーリーを付与していくという。

06菊地さん.jpg

事業方針の説明を行う菊地さん。
相馬双葉漁協の青壮年部に所属し、アンコウ、タラ、カレイ類、タコ類などの漁を行う漁師でもある

 他にも、モニター調査を通じて消費者目線に合った商品開発を心がけたり、ウェブサイトや販促ツール、イベントへの出展を通じて販路開拓や情報発信を行ったり、6次化コーディネーターを招いた勉強会や講習会を実施するなど、付加価値の高い6次化商品を作るために様々な施策を重ねていく予定だ。

07事業方針の説明.jpg

事業方針の説明はスライドを使って行われた

ページの先頭に戻る