復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
被災地の魅力を多彩な手法で伝える取り組み

「復興応援 宮城の元気と笑顔 情報発信 気仙沼エリア」お披露目会レポート (2/3)

被災地の復興の「今」を知ってもらう試み

 お披露目会ではまず、仙台工場で工場長を務める柴田実から主催者挨拶が行われた。
 「本日は多くの方にお披露目会にお越し頂き、誠に有難うございます。仙台工場では2015年5月から工場見学に来られた方々を対象に、『キリン絆プロジェクト』の水産業支援を受けた地域の現在の姿を、ご紹介する取り組みを続けています。この取り組みを通じて、一人でも多くの方に被災地の復興の様子を深く知って頂き、その地域の商品を買って頂くことで、少しでも地域活性化のお手伝いができればと考えています。今回ご紹介する気仙沼エリアは、震災により甚大な被害を受けた地域です。そうした厳しい状況の中でも、農水産業、行政、市民が一丸となって復興にまい進しています。『復興応援 宮城の元気と笑顔 情報発信』を通じて、気仙沼の皆さんが頑張る姿を一人でも多くの方に知って頂けるよう、仙台工場としてもできる限りのお手伝いをさせて頂きます」

02柴田・工場長.jpg

気仙沼の皆さんが頑張る姿を一人でも多くの人に伝えたいと話す柴田・工場長

03NHK他.jpg

お披露目会にはNHKをはじめ、毎日新聞、朝日新聞、河北新報など、メディアも多数取材に訪れた

 続いて、来賓を代表して菅原茂・気仙沼市長から挨拶が行われた。
 「気仙沼ではこれまで、水産業の復興に取り組む多くの団体が、6次産業化(※)やブランド化において、『キリン絆プロジェクト』から多大なご支援を頂きました。心より感謝を申し上げます。本日のお披露目会は、頂いたご支援の成果を見せるためのものです。プロジェクトを通じて考え出した商品を展示したり、試食して頂きます。震災から5年7ヵ月が経ちましたが、私たちは毎日のように様々な復興の課題に向き合っています。一方、これからは復興だけでなく、地方ならではの価値を発信できるよう、地方創生にも取り組まなくてはなりません。そうした意味でも、仙台工場で気仙沼を情報発信する機会を頂けたことは、大きな励みになります。この機会を最大限に活かして、気仙沼のさらなるステップアップを目指したいと思います」

04菅原・市長.jpg

菅原・市長は仙台工場での情報発信が、気仙沼のさらなるステップアップにつながると考えている

 また、気仙沼商工会議所で会頭を務める菅原昭彦さんも、来賓挨拶に立った。
 「今まで気仙沼は『キリン絆プロジェクト』を通じて、農業プロジェクトで4件、水産業プロジェクトで7件という、とても大きなご支援を頂きました。ご支援は資金面だけでなく、マーケティング支援や技術的アドバイスもあったお陰で、各団体の物づくりのレベルは震災前より確実に上がりました。改めて御礼申し上げます。食というのは元気の源であり、人々の絆を強める効果もあるはずです。これまでのご支援に対する感謝の気持ちを込めながら、さらに良いものを作れるよう、これからも気仙沼全体で切磋琢磨していくことをお約束します」

05菅原・会頭.jpg

商品開発に切磋琢磨していくことを約束してくれた菅原・会頭

 来賓挨拶が終了すると、キリン株式会社CSV推進部で絆づくり推進室長を務める野田哲也より、キリングループ復興支援活動の概要が紹介された。
 震災後、キリングループでは「キリン絆プロジェクト」を通じて、3本の柱(「心と体の元気サポート」「子どもの笑顔づくり支援」「地域食文化・食産業の復興支援」)で被災地の復興支援を続けている。その中で、「地域食文化・食産業の復興支援」に位置づけられた水産業支援は、2つのステージに分けて実施された。第1ステージはハード支援。カキ・ワカメ・青ノリの養殖設備や漁船、漁具などの復旧に必要な資金を助成してきた。現在も続く第2ステージでは、「生産から食卓へ」をテーマにソフト支援に特化。地域ブランドの再生や6次産業推進・販路拡大、次世代リーダーの育成を支援している。

06野田・絆づくり推進室長.jpg

キリングループの復興支援活動について紹介する野田・絆づくり推進室長

07紹介はスライド.jpg

紹介はスライドを使って行われた

 その後、「キリン絆プロジェクト」の水産業支援を受けている気仙沼の7団体(気仙沼水産資源活用研究会、気仙沼メカジキブランド化推進委員会、気仙沼水産食品事業協同組合、気仙沼鹿折加工協同組合、気仙沼・本吉地区水産物普及協議会、みらい食の研究所、からくわ一本釣り活イカ組合)が紹介され、気仙沼エリアを紹介するDVDも上映された。そしてお披露目会の最後には、フォトセッションを兼ねたメディアによる囲み取材も行われた。

08フォトセッション.jpg

フォトセッションを兼ねたメディアによる囲み取材のひとコマ。
お披露目会には、気仙沼市の観光PRキャラクター「ホヤぼーや」も応援に駆けつけた

ページの先頭に戻る