復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動レポート
被災した工場が被災地を応援するという取り組み

「復興応援 宮城の元気と笑顔紹介ブース 南三陸エリア」お披露目会レポート (3/3)

「キリン絆プロジェクト」から生まれた「森・里・海・ひと」の連携商品

 囲み取材が終了すると、8団体が開発した商品の試食を兼ねた懇親会が行われた。会の冒頭、キリンビール株式会社で東北統括本部長を務める杉山和之から、乾杯の挨拶が行われた。

12_杉山・東北統括本部長.jpg

乾杯の挨拶を行う杉山・東北統括本部長

 参加者たちは工場内で特別メニューとして提供される、南三陸町の山海の幸を使用した料理の数々を、キリングループの飲料と一緒に楽しんでいた。また、今年の3月16日に完成した「宮城県漁業協同組合キッチンカー」も出動し、みやぎサーモンなどが振舞われた。

13_豪華な料理の数々.jpg

懇親会で提供されて豪華な料理の数々

15_称賛する声.jpg

参加者たちからは味を称賛する声が相次いだ

14_ビールとの相性も抜群.jpg

ビールとの相性も抜群のようだ

16_キッチンカー.jpg

キリン仙台工場まで駆けつけてくれたキッチンカー

 南三陸町の特産物であるタコを使った「水ダコと彩り野菜のエスカベッシュ」や「石焼タコ飯ビビンバ」、「タコと椎茸のフリット」の料理は、タコが肉厚で独特な甘さとうま味が味わい深かった。

17_タコの人形.jpg

会場には巨大なタコの人形も登場

18_左_ホヤ.jpg 18_右_カキ.jpg

タコ以外にもホヤやカキなど様々な食材を使った料理が並べられた

 懇親会の途中、8団体のメンバーに話を聞いてみた。水産業だけでなく、農業をはじめとする様々な分野の人たちが、垣根なく手を携えて復興に取り組んでいると口々に言っていたのが印象的だ。実際、南三陸町が掲げているビジョンとして「森・里・海・ひと いのちめぐるまち 南三陸」がある。また、海の環境に配慮した養殖の証である「ASC(水産養殖管理協議会)認証」と森林保護の国際認証である「FSC®森林認証」を震災後に取得している。山と海の国際認証を取得した自治体は、世界でも非常にまれな事例だそうだ。8団体のメンバーたちは、「キリン絆プロジェクト」が南三陸町のビジョンを商品として具現化してくれたと感じているようだ。
 また、志津川地区の魚市場キッチンで大ヒット商品となった缶詰シリーズを、丹精込めて作っている「おふくろの味研究会」の佐藤香代子さんは次のように話してくれた。
 「震災のときに缶詰しか食べるものがなかったのですが、おかげでその良さを再認識しました。だからこそおいしい缶詰を作りたいと思い、試作を何回も重ねてやっと商品化できました。タコ、カキ、ホヤ、それぞれのおいしさをギュッと詰め込んでいます。缶詰に使っている青南蛮や醤油麹も地元産で、南三陸町の森・里・海のコラボ商品なんですよ。これからも商品開発を続けて皆さんにお届けしたいです」

19_佐藤さん.jpg

大ヒット商品となった缶詰シリーズの誕生秘話を語る佐藤さん

 「皆さん元気で、本当に地元を愛しているのが伝わってきます」と話すのはキリンビール株式会社CSV戦略部絆づくり推進室の中沢・室長。
 「南三陸町の方々は、復興を元に戻すという形ではなく、未来につなげていこうとしています。今後の課題は、地元の方々をまとめ、引っ張っていくリーダーの育成です。『キリン絆プロジェクト』としても、将来の担い手を増やし、地元を元気にするお手伝いができればと思っています」

20_取り組みについて話す.jpg

「キリン絆プロジェクト」の今後の取り組みについて話す中沢・室長

 また、キリン仙台工場に赴任して3ヵ月の横山・工場長にも話を聞いた。
 「社員たちは震災時に支援して頂いた方々に恩返ししたい気持ちと、被災地を応援したいという気持ちが強いです。社員一丸となって、地域の方々と一緒に宮城を、そして東北を盛り上げていきたいと思っています。今回ご紹介する南三陸エリアは、海も山も素晴らしい食材であふれています。多くの方に知って頂きたいですし、実際に南三陸町に足を運んでもらいたいです」

21_横山・工場長によれば.jpg

横山・工場長によれば、キリン仙台工場の社員は一体感にあふれているという

 キリン仙台工場で行われる、南三陸エリアの情報発信は年内までの予定。その期間、一人でも多くの人が南三陸町の復興状況を知り、「キリン絆プロジェクト」を通じて森・里・海・ひとが連携することで生まれた数々の商品に触れ、山海の幸を味わい、その魅力を存分に情報発信してくれることを期待したい。

(注)第1次産業である農林水産業が、農林水産物の生産だけにとどまらず、それを原材料とした加工食品の製造・販売や観光農園のような地域資源を生かしたサービスなど、第2次産業や第3次産業にまで踏み込むこと。

文/伊地知由理、写真/和田剛、取材協力/有限会社パワーボール

ページの先頭に戻る