復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動について
岩手県
野田村産水産物の復活・ ブランディング事業

野田村産水産物の復活・ ブランディング事業

荒波にもまれ育つ野田村自慢のホタテを全国に発信

_SZK3916.jpg

野田村が有する外海の荒波にもまれ育った良質なホタテを多くの人に届けたいという想いの もと発足した「のだ印の水産物ブランディングプロジェクトチーム」。プロジェクトの中心と なるのは漁業者と野田村漁業協同組合、流通を担う第3セクターと行政が協力し合う「荒海団」の メンバーたち。漁業関係者が一丸となった取り組みは、荒波にも負けない活気を地域に創り出す。

厳しい自然と対峙して育てる「荒海ホタテ」

_SZK39162.jpg

 「野田村のホタテは肉厚かつ身が締まっていて、濃厚な味が自慢です」と話すのは、荒海団メンバーの中野誠さん。一般的なホタテ養殖業は内湾で行われるのだが、外海に面する野田村では、潮の流れが速く、プランクトンが豊富な野田湾の荒海でホタテの養殖が行われる。厳しい自然と対峙しながら育まれる野田村の ホタテは市場では高い評価を受けていながらも、一般的には知られていないという課題があった。こうした状況の中、荒海団は野田村の外海で育まれるホタテを「荒海ホタテ」と名づけ、消費者に良さを知って もらい、選ばれる商品にするべく活動を始めた。
 「荒海ホタテ」は"プランクトンが豊富な外海での養殖にこだわっている"、"付着物の除去作業を5回行い、良好な栄養環境の維持ときめ細やかな成長管理を行う"、"耳吊りをせずホタテが自由に動けるネットの中で育てる"など、五つの「荒海ホタテの約束」を設けており、品質管理についても徹底的にこだわっている。

 今後は「荒海ホタテ」の活動で培った経験を土台に、「荒海ワカメ」や、「荒海カキ」といった水産物の販売にも力を入れていく。「漁師には厳しい環境だが、これからも手間ひまを惜しまず良質な水産物を育んで いきたい」と漁業者の外館尚紀さんは語る。

プロジェクトから生まれた商品

荒波にもまれて育った野田村自慢のホタテ

IMG_6566.jpg

荒海ホタテ へら付き
一般的な養殖法とは異なり、潮の流れの速い外海で育ったクリアで濃厚な味。
どんな調理法でも美味しくいただけます。
<内容量>1kg / 2kg / 3kg からお選びいただけます。
※時期によりホタテの大きさ・枚数は異なります。

お問合せ
荒海団 営業センター 担当:町田恵太郎
所在地:岩手県九戸郡野田村大字野田36-219
TEL 0194-78-2101
<URL>araumidan.jp

ページの先頭に戻る