復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動について
岩手県
生産者の顔が見える、物語が分かる 広田湾ブランド再興プロジェクト

生産者の顔が見える、物語が分かる 広田湾ブランド再興プロジェクト

漁業者自ら広田湾のファンづくり
消費者との"交流"から水産業の活性化を目指す

261A8160.jpg

岩手県南東部に位置する広田湾でカキやホタテなどの養殖を行う漁業者を中心に構成された「広田湾遊漁船組合」。漁業者自らが案内人となる遊漁船は、まちの魅力を発信する場であるだけでなく、漁業者と消費者が直接交流できる新たなマーケティングや販促の機会になっている。広田湾の漁業者に触れる機会を設けることで、生産にかける手間ひまや水産物の魅力を伝え、まちの水産業を盛り上げていく。

交流を通して広田湾の魅力をアピール

_IMG7217.jpg

 陸前高田市は、津波で市街地が壊滅するなど、沿岸部の中でも特に被害が大きかった地域。そのため、まちの復興には時間を要した。こうした中、陸前高田市に訪れた人に漁業体験を通じて広田湾の漁業の魅力を知ってもらおうと立ち上がったのが「広田湾遊漁船組合」である。

 「港の瓦礫撤去や養殖漁業用の筏づくりなど、震災を機に交流したボランティアの方々とは今もつながっています。まちの魅力を伝えてファンになってもらうには、こうした"交流"が重要だと感じました」と語るのは会長を務める大和田晴男さん。遊漁船では漁業の現場を訪れるほか、カキの殼むき体験や、震災体験を語るツアーなどを実施。「孫が漁師になりたいって話していてね。広田湾の水産業を途絶えさせるわけにはいかない」と大和田さんは話す。漁業者自らが消費者と向き合って、地域の水産物をアピールする取り組みは、産業活性化や交流人口の増加を図り、まちの未来を背負っていく。

広田湾によって育まれた水産物

広田湾の穏やかな海が育んだ大ぶりのカキと特産エゾイシカゲ貝

カキ

広田湾産カキ
春に向けて旬を迎える広田湾産のカキ。
築地市場でも高値で取引される人気ブランド。
ふっくらとした食感が特長です。

エゾイシカゲカイ

エゾイシカゲ貝
陸前高田市が全国で初めて養殖の事業化に成功した幻の貝。
甘みと旨味が強く、お刺身はもちろん
火を通しても美味しく召し上がれます。

お問合せ
広田湾遊漁船組合
(広田湾漁業協同組合 米崎小友支所内)
担当:鍛治川直広(合同会社ぶらり気仙)
所在地:岩手県陸前高田市小友町字茗荷1-10
TEL:0192-47-5397
<URL>hirotawan-yugyosen.com

ページの先頭に戻る