復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動について
宮城県
唐桑おすそわけプロジェクト ~若手漁師の挑戦~

唐桑おすそわけプロジェクト ~若手漁師の挑戦~

最難関の「活イカ」の商品化
若手漁業者の挑戦が唐桑の漁業を牽引する

_MG_0494.jpg

震災前から課題となっている漁業の担い手不足を打開しようと、若手漁師5人が立ち上がって発足した「からくわ一本釣り活イカ組合」。手間がかかることや設備の問題からめったに市場に出ることのなかった一本釣りのイカを「活イカ」として商品化する取り組みは、活魚の商品化の中で最も難しいとされる挑戦である。地元ならではの価値を行動で伝える彼らの取り組みは、未来の担い手たちに一歩を踏み出させる唐桑の希望の光となる。

論ではなく、行動で伝える漁業の可能性

_E1A2495.jpg

 宮城県の最北東端に位置する気仙沼市唐桑半島は、リアス式海岸特有の岬と湾によって多様な水産物に恵まれている地域である。しかし、地域の高齢化に伴う、漁業の担い手不足という問題は、震災の影響によってさらに大きくなり、若手漁業者の人数もわずかとなってしまった。こうした状況を打開するため、若手漁業者5人が結集し、"未来の担い手たちの見本となる第一歩を踏み出す"という決意のもと、「からくわ一本釣り活イカ組合」を発足した。

_E1A2547.jpg

 彼らが取り組むのは、これまで市場には出回らず、地域でおすそわけとして消費されていた一本釣りの「活イカ」の商品化。イカは活かすのが非常に難しく、船上での緻密な管理や水槽などの特別な設備が必要だった。普通ではリスクが高く躊躇してしまう「活イカ」の商品化に取り組むことで、若い漁業者たちに想いは実現できるという見本をつくりたいという。「活イカを制したら、海の生物は何でも活かせるというほど活イカは難しい。でも一本釣りで丁寧に釣ったイカは傷もなく透明で本当に美味しい。現地でしか食べられない美味しさを届け、消費者とつながることで唐桑の漁業に活気を取り戻したい」と代表の小野寺庄一さんは話す。宮城県漁協唐桑支所の連携のもと、水揚げされる「活イカ」をストック施設に集めて蓄養し、まずは町内の民宿・飲食店などで活きたまま、いつでも安定して供給できる生産体制を整備。さらに、物量がまとまった際には、「活イカ」をバルーンに入れ、唐桑オリジナルブランドとして漁協を通じて中央卸売市場への出荷を計画中である。また、今後は、「活イカ」だけでなく、岩手県大船渡市の「地域資源利活用推進協議会」と連携し、CASの凍結システムを使用した高鮮度のイカ商品も開発する予定である。
 「今の時代、同じことを続けていては置いていかれます。誰もやらないようなことをやるのは面白いし、色々なことを学んで知識になっていくことで、自分も漁業も成長していける」と、小野寺さんは今後の可能性に確信を抱く。「やった人にはかなわないでしょ。次の世代には、論ではなくて汗をかいて行動で語るのが大事」。若手漁業者の挑戦がこれからの唐桑の漁業を引っ張っていく。

お問合せ
からくわ一本釣り活イカ組合
担当:小野寺庄一
所在地:宮城県気仙沼市唐桑町上鯖立174
TEL:090-3361-5244

ページの先頭に戻る