復興応援キリン絆プロジェクト

水産業復興支援事業

活動について

各地域での活動

活動レポート

HOME
活動について
三陸
三陸フィッシャーマンズ・プロジェクト

三陸フィッシャーマンズ・プロジェクト

持続可能な"稼げる"水産業を創る
熱きフィッシャーマンたちが三陸水産業の未来を変える

熱きフィッシャーマンたちが三陸水産業の未来を変える

食業界の起業家二人が、東北の食を復活させるプラットホームとして立ち上げた「一般社団 法人東の食の会」。彼らの目標は一時的な復興支援ではなく、長期的なサポートによる「一つの 産業として成功するビジネスモデルの構築」。2011年6月から開始した取り組みは、販路の開拓や 商品プロデュースから、人材育成や地域を超えた水産業者のコミュニティづくりまでに発展。 三陸の水産業の未来を担うリーダーたちを生み出すプロジェクトに成長した。

ビジネスパーソンたちが考える真の "復興" を目指して

higashi01.jpg

 「一般社団法人東の食の会」には、食業界の第一線で活躍する起業家を 中心に、キリン株式会社をはじめ食品メーカーや流通企業などが参加して いる。その運営を任されたのは、震災当時、外資系コンサルタント会社で 農業関係のプロジェクトに関わっていた高橋大就さん「。震災直後から現地 で緊急支援活動をしている中で、長期で食の復興をやらなければいけない と感じていました。ちょうどその時、東の食の会設立の話を聞き、『俺が やる!』と迷いなく手を上げ、当時勤めていた会社を辞めて参加しました」。
 ノウハウも人脈も豊富なビジネスパーソンが集う東の食の会が考える "復興"について、高橋さんは次のように語る。「チャリティではなく、ビジ ネスとして"一つの産業を再興させる"ということ。そのために、メンバー 全員、長期間で東北にコミットすることを約束し、5年間で流通総額 200億円という具体的な目標も立てました。将来的に、地域の水産業者が 自走できるようにしないと、本当の意味での復興とはいえません」。

生産者と企業をつなぐマッチング事業から未来を担う人材の育成へ

higashi02.jpg

 彼らがまず着手したのは、生産者や食品加工会社などの「作る側」と、食関連企業などの「売る 側」のマッチング事業。メンバーが持つネットワークを活かして両者をつなぎ、商品プロデュース から販促イベントの実施などをトータルでサポートすることで販路の開拓を促した。また同時に 重要視していたのが、食品の安全・安心についての情報発信。風評被害への対応なくしては、東北 の食が再び全国に流通することはありえなかった。

 こうしてプロジェクトを進める中で、新たなミッションが浮上した。それが、未来を担う人材を 育てること。「だんだんと時間が経ち、応援の気運や世間の放射能懸念も下がりつつある中で、 少しずつ成功する人とそうでない人という差が現れ始めました。条件は全員同じなのに、何が 違うのかと考えた時、それは個人の意志やスキル、つまり"人材"の問題だと気づいたんです。単純 に商品や販路を作っても、将来的には彼らが自立してビジネスを回していかなければいけない。 私たちもいつかは離れなければいけない。そのためには、ビジョンと意志とスキルを持った、リー ダーとなれる人材をもっと増やさなければいけないと感じたのです」。

熱き志を持った生産者が集う「三陸フィッシャーマンズ・キャンプ」

higashi03.jpg

 三陸水産業の将来を創造するリーダーを養成すべく「、復興応援 キリン絆プロジェクト」水産業支援事業 の助成を受け2013年から始まったのが「三陸フィッシャーマンズ・キャンプ」。このキャンプは漁師や水産加 工会社などの"フィッシャーマン"を対象にした合宿形式のワークショップ。高橋さんは開始当初、参加者集 めに苦戦したという「。育成すべきリーダー像がすでにあったので、最初は我々が『この人だ!』と思う人を 直接口説いていきました。沿岸を車で走りながら漁師さんを勧誘したり、ネット上で熱い発言をしている水 産業者にコンタクトを取ったり(笑)。そうして、自然と熱量の高い人たちが集まってきたんです」。

 キャンプでは、現地視察や各業界で活躍する講師によるマーケティング、ブランディングに関する 講義のほか、参加者による商品プレゼンテーションも盛り込まれた。講師陣は率直なフィードバックを 返すことで、全力で参加者のスキルアップを手助けする「。フィードバックではかなり厳しい意見が飛び交 います。最初は反発する方もいましたが、ほとんどの方は自分のものにしようと真摯に受け止めてくれまし た。参加者が素晴らしかったことが、キャンプ成功の要因だったと思います」と高橋さんは振り 返る。キャンプは石巻市、釡石市、気仙沼市、大船渡市と毎回場所を変え、2015年5月に南三陸町での開催を もって無事終了。水産業界の新しいリーダーたちを生み出す、きっかけの場となったのである。

地域を越えてつながる同志たちが
日本の水産業界を変えるリーダーに

higashi04.jpg

 「キャンプでは、貴重な副産物が生まれました」という高橋さん。それが、地域を越えたフィッシャー マンたちのつながり「。水産業界は"隣の浜は敵"というぐらい保守的な世界。キャンプ参加者のように、 熱い志を持って新しいことに挑戦しようとしている人たちの中には、周りの賛同を得ることができず に、地域で孤独な思いをしている人も多くいました。そんな彼らがキャンプで出会い、すごいパワーが 生まれたんです。彼らの中から地域を越えたチームが生まれ『一般社団法人フィッシャーマン・ジャ パン』という団体も設立しました。彼らこそ、三陸水産業のリーダーとなる存在です」。
 東の食の会では新たに、キャンプから生まれたリーダーたちを集め「、三陸フィッシャーマンズ・ リーグ」を2015年10月に立ち上げた。リーグではさらなるリーダーの育成や、ようやく芽吹いた 三陸水産業の未来のリーダーたちの絆をより深め、地域を越えた連携によって三陸水産業のブラン ド育成や事業開発などに取り組む。「彼らを筆頭に、東北の水産業者全体が目標にできる成功 モデルをつくり、日本の水産業自体を変えていけたらと思います。まだまだこれからが勝負です」。

お問合せ
一般社団法人東の食の会
所在地:東京都品川区東五反田1-13-12
いちご五反田ビル4階
TEL 03-5447-6273
<URL>higashi-no-shoku-no-kai.jp

ページの先頭に戻る